楽天モバイル

楽天モバイルの評判やiPhoneの機種変更などについて書いています!

楽天モバイルでラインは使える?

 

楽天モバイルでラインを使うことはできるのでしょうか。

 

結論から言いますと、楽天モバイルでラインは使えます。

 

ですが、プランなどを選ぶ際に少しだけコツがあります。

 

 

①データSIMを選ぶ場合

 

データSIMを選ぶ場合は、必ずSMSつきの方を選ぶようにしてください。

 

LINEは初期登録や引継ぎの際に電話暗号と個人を紐づける情報としてSMSを使います。

 

通話SIMであればもともとSMS対応ですが、データSIMの際に気をつけましょう。

 

②プランは高速データ通信が可能なものを

 

続いてプランですが、もしもLINEで通話機能を使いたいという場合は3.1GB~30GBパックを選ぶようにしてください。

 

理由はこれらのプランは高速データ通信が可能なためです。

 

LINEの音声通話は通信の速度で快適さが大きく変わってきますが、200Kbpsのプランでは速度が遅すぎてブツブツ切れたりしてしまい快適にLINEで通話ができません。

 

 

通信容量は3.1GBでも約18時間の通話が可能で十分なので、あとはご自身のネット通信の状況に合わせてプランを選べば問題ないと思います。

楽天モバイルのエリアは?

 

楽天モバイルのエリアについて調べてみました。

 

よく大手のキャリアは繋がり易さをアピールしていますが、そもそも格安スマホはどのようになっているのでしょうか。

 

お調べしましたところ、実は格安スマホのほとんどのMVNOはドコモの回線を使って通信をしています。

 

ドコモの回線というのは具体的にはLTEと3Gですが、まったく同じ回線を各社ドコモ光から借りて使っているんです。

 

そのため、対応しているエリアはドコモと同じと思っても問題ありません

 

 

ドコモの通信がカバーしているエリアはほとんど日本全国で、人口カバー率は99%とまで言われています。

 

また屋内でもちゃんと届く周波数の電波なので、鉄筋コンクリートの中でも比較的速度を落とさないで通信することも可能です。

 

 

 

通信のエリアについてはほとんど心配することは無いと思いますが、ドコモ回線を使う人が集中しているところだとパケ詰まりを起こしたり、また部分的にドコモの通信が対応していないエリアもあります。

 

そういうエリアの場合は公衆WiFiモバイルルーターなどを使ってカバーすることが必要になる場合もあります。

 

楽天モバイルのかけ放題の使い方は?

 

楽天モバイル かけ放題の使い方について調べてみました。

 

通話料が高めの格安スマホのサービスとしては非常に革新的です。

 

 

具体的には「5分かけ放題」と「かけ放題」の2つのサービスがあり、どちらも使い方は同じです。

 

またこれらのサービスはオプションなので、ベーシックプランから30GBの6プランどれでも使えます。

 

 

さて、実際の使い方ですが、楽天モバイルが提供する「楽天でんわ」というアプリをダウンロードします。

 

このアプリの特徴は大きく2つあります。

 

▼通話料金が半額

格安SIMは通常30秒ごとの通話に20円かかるのですが、それを特殊な電話線を介することで約半額の10円にしてくれます。

 

▼音声が通常の電話級

通話の音声が非常にクリアで、普通の電話級です。

 

格安SIMのサービスで楽天モバイル以外にも話し放題を提供しているMVNOがありますが、それらの多くはインターネット回線を介したIP電話です。

 

050から始まる番号を相手に伝えないといけないし、通話の品質も悪くノイズが頻繁に入りひどい時は切れます。

 

楽天でんわはIP電話ではなく通常の電話なので音声がクリアで品質は非常に高いです。

 

 

先ほどの「5分かけ放題」と「かけ放題」のオプションに申し込んでから普通に電話をしてはダメです。

 

必ず楽天でんわというアプリを通して通話をするようにしないと、相変わらず30秒20円という高額なままになります。

 

 

ちなみに、すでに楽天モバイルを使っているユーザーもオプションを付ければ今からでもかけ放題を使うことができます。

楽天モバイルかけ放題の品質は?

 

品質も侮れない。

 

 

楽天モバイルのかけ放題の品質について調べてみました。

 

最近の格安スマホでは、〇分かけ放題といったプランも増えてきましたが、実はそのほとんどはIP電話を使っているので、品質が悪くノイズが入ったりしてしまいます。

 

一方で楽天モバイルのかけ放題はIP電話ではなく、通話の品質は通常の通話レベルでの電話が可能です。

 

評判を読んでみるとユーザーはこのかけ放題プランに満足しており、ノイズなどもなくまったく普通の電話のように通話できると高評価です。

 

ただし、以下二つが必要になるのでご注意ください。

・プランの申し込み(月々850円)

楽天電話のアプリダウンロード

 

 

ちなみに、MVNOの通話品質は回線や方式、端末によって変わると言われていますが、特に楽天モバイルと相性が良いと言われている端末は富士通の「arrows RM02」と言われています。

 

楽天モバイルの速度は遅い?

 

楽天モバイルの速度が遅いと聞きますが、本当に遅いのか調べてみました。

 

結論から言いますと、楽天モバイルは契約した時期によって遅いことがあるようです。

 

そのため、ブログなどに「楽天モバイルは遅い」と書いてあっても、そのブログ主さんがいつ契約したかで異なります。

 

 

まず、以下をご覧ください。

 

(旧回線:2015年10月5日以前 ※2016年11月30日で終了)vdm.jp
(新回線:2015年10月6日以降)rmobile.jp
(新新回線:2016年4月頃以降)rmobile.co 

 

これは楽天モバイルがAPN、つまり回線を変更した時期になります。

 

回線が変更されるにつれて速度としては新しくなる傾向にありますね。

 

さらに以下コメントをご覧ください。

 

 

2016年9月現在はrmobile.coだけでなくrmobile.jpのSIMが届く場合がある

 

 

つまり2016年9月以降に契約した場合はさらに到達する回線が多くなっているので、スピードもそれだけ速くなっています。

 

遅いと書いている方はひょっとすると古い回線の時代に契約をした方かもしれません。

 

ただ、新しい回線も契約者が増えてくるとスピードが遅くなってくるので、今だけ特別早いという可能性が高いです。

 

 

 

楽天モバイルの速度に不満がある場合は、別途wimaxなどのポケットWi-Fiを契約するのも一つの手です。

 

まずはご自宅がしっかりと電波の範囲内なのかを確認すべきなので、以下のサイトなどをご参照ください。

 

xn--wimaxau-vq4fzb46be164a5ua.xyz

 

 

 

楽天モバイル端末が故障した

 

去年、楽天モバイルを使っていた友人の端末が故障しました。

 

その時の機種はarrows02という富士通製の機種でしたが、ネットで口コミをみていると有機ELディスプレイのため壊れやすいと書いてあるのを見て、「しまった」といっていました。

 

ちなみに、現行モデルのarrows03はIP液晶なので、耐久性がかなり向上したらしいです。

 

やはり過去モデルでクレームが多かったのかもしれませんね。

 

 

 

そしてその友人ですが、なんと楽天モバイルの端末補償に入っていませんでした。

 

楽天モバイルは月額500円の端末補償を用意しているのですが、二年間で12000円もかかるなら新しい端末買うわ!と言って入っていませんでした。

 

 

メーカー保証に頼らざるを得なかったので、富士通050-3152-2799)に修理をお願いすることになりました。

 

ちゃんと時間通りに回収に来てくれて、そのまま三日後には修理されて戻ってきました。

 

想像以上に対応は早かったそうです。

 

 

 

そして・・・気になる料金はどうなったのでしょうか。

 

富士通の修理センターの方も「メーカー保証外の場合は約3万円がかかります」と言っていたのですが、結果は無料。

 

友人も喜んでいましたが、よくよくネットを見ていると液晶そのものに割れなければ無料で修理されている事例がいくつも出てきました。

 

友人もその事例の一つとなりましたが、同じようにパネルのひび割れが起こった方の参考になれば幸いです。

 

 

楽天モバイルは端末でsimロック解除のは使えない?

 

楽天モバイルはsimロックを解除した端末は使えるのでしょうか。

 

結論から言いますと、auの端末でsimロック解除をしても楽天モバイルでは使えません。

 

 

2015年の5月からはSIMロック解除の義務が法律で規定され、キャリアの端末でもSIMロック解除をすればどの会社のSIMでもつかえるようになりましたが、一つ問題が張っていしています。

 

それは、SIMロックを解除した端末がどのSIMカードでも対応している訳ではないということです。

 

 

auとドコモでは通信の方式が違いますので、au端末は楽天モバイルでは使えません。

 

auとドコモの周波数も異なっていて、ドコモ端末はドコモの周波数をau端末はauの電波を掴めるように最初から設定されているので、auSIMロックを解除した端末を楽天モバイルで使おうとしても、端末がauの電波を拾おうとしてしまうので使えません。

 

このように、楽天モバイルで使うにはドコモ系のデバイスにするか、もしくはiPhone6S以降の端末を使うようにしないといけません。